★ ご案内 ★

◎Twitterはじめました。→ https://twitter.com/@startsfromhere

『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』(角川書店)

Namonamihp

舞台は強豪高校サッカー部。無名の高校生16歳の武井遼介を主人公とした、リアル青春サッカー小説。

『サッカーボーイズ・シリーズ』を読んでいただいた読者の方にも、また、読んでいない方にも、新たな高校サッカー小説として、楽しんでいただければと思っています。

■内容紹介(帯より)

2011年、高校生になった武井遼介は、関東の強豪サッカー部に入部する。東日本大震災から1ヶ月、ふつうにサッカーができる現状に葛藤を抱きながら、遼介は新入部員約50名でスタートした部活に励む。しかし、全国大会を視野に入れたレベルの高い部内では、1年生チームの中ですらポジションを確保できずにいた。やがて1年生は2チームに分裂し、紅白戦が開催されることに。勝敗によって両チームの選手を入れ替えるサッカー版“大富豪”という特殊ルールで、遼介はチーム内での立場を思い知らされ、夏の1年生大会、ルーキーズ杯へと向かう――。

『サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム』(角川つばさ文庫)

※ 総ルビ(すべての漢字にふりがながふられた)小中学生版になります。今月11月中旬発売予定です。

Ktb1611_soccer5_shohp_2
以下、出版社紹介文より

「サッカーボーイズ」シリーズ、ついに感動の完結巻!

県大会出場をかけた大事な試合で、右膝にケガを負った遼介。さらに草間監督までもがベンチで倒れ入院してしまう! 遼介たち3年生にとって中学最後の大会となる夏の総体はもう目前!! 彼らにはいったいどんな結末、ラストゲームが待っているのか……? そして遼介と美咲との関係に進展は……!? がむしゃらでただひたむきにサッカーに打ちこむ少年たちの姿を描いた大人気シリーズ、ついに感動の完結巻!

※作品はフィクションです。実在の人物・団体とは関係ありません。

| | コメント (26)

2016年11月28日 (月)

スピードを落とせば、見えてくるものがある ③-完

※『スピードを落とせば、見えてくるものがある①②』を先に読むことをオススメします。

このままでは日が沈むまでに出発地点の館山に帰れそうもない。そう判断し、ライトを確認したところ、電池が切れている。スパーマーケットに寄り、単3電池と赤飯おにぎりを買い、無料でもらえる氷を袋に入れて店をあとに。小粒の氷は膝に巻いたサポーターのなかに詰め込むようにしました。少しでも痛みが引けばと思っての浅知恵です。

再び自転車で走りはじめます。

Img_3217

日没は早く、黒い影が忍び寄るようにあたりは暗くなっていきます。前後の点滅灯のスイッチを入れ、電池を補充したライトで前方を照らします。以前何度か車で通った道であるはずですが、ロードバイクで夜間走行するのは初めてのこと。やや緊張しながら外房黒潮ラインを進みます。春は花畑のきれいな江見を通り過ぎ、クジラ漁で知られる和田浦を目指しました。

やがて道路は海から離れ、内陸へ入ると、道が混雑してきました。ちょうど通勤帰りの車のラッシュアワーとぶつかったのでしょう。目的地は近い。しかし渋滞してきたせいか、単に気づいていないのか、自転車に幅寄せしてくる車もなかにはいて、何度かひやっとしました。かと思えば、右側通行の自転車のライトがそのまま向かってきます。車のマナーもそうですが、自転車のマナーもよい方向に向かっているようには残念ながら思えません。

スマホのバッテリーが切れたため、アプリに表示されていた地図も使えなくなり、自分がどこを走っているのかわからなくなりました。まだ着かないのかと気落ちしたとき、不意に見覚えのある十字路に差しかかり、すでに自分が館山市街に帰ってきたことを知ったのです。

午前9時に出発してから、9時間が過ぎ、走行距離は105キロに達していました。100キロといえば、中学3年生のときに自転車で走って以来。僕にとっては、ちょっとした日常生活の冒険となりました。後日、サイクリングショップの店主に、「ロングライドでは、100キロがひとつの壁になります。走れたら、次はセンチュリーラン、160キロですね」と言われました。

▼自転車での走行経路 ↓ いちばん下(南)の赤丸地点、千葉県館山から内陸部を北上、60キロ地点の先の三島湖で引き返し、帰りは鴨川を抜け、平坦な海沿いを南下し、なんとか帰ってきました。

Img_3220

翌日は筋肉痛で歩行困難な状態に近かったのですが、世話になった家の庭の草を電動の草払い機を使って刈り、再び車に自転車を積んで帰宅。ハンドルに掛け、一緒に旅をした、おじいさんにもらったお土産は、庭のナツツバキの枝に吊してみました。クズのツルで編み込んだ小さなカゴのなかに、松ぼっくりの小人がのぞいています。

こんな感じに ↓

Img_3227

スピードを落とせば、見えてくるものがある。

それは、たとえば沿道に咲く名も知らぬ花、クズのツルで老人が編んだというカゴ細工、橋の欄干から望む紅葉、無人の売店に置かれた1束100円の敷き藁、哀しいけれど路側帯でぺちゃんこになった仔猫の亡骸。

また自転車で走りに行こう。

 

 

|

2016年11月25日 (金)

スピードを落とせば、見えてくるものがある ②

高い山がないと言われる千葉県ですが、それでも坂道はもちろんあります。特に今回走った内陸部は、ここは箱根か?と僕に思わせるような難所もありました。自転車で通るにはちょっとスリリングな長いトンネルも口を開けて迎えてくれます。

三島湖に近づくにつれ、橋を渡ることが多くなってきました。橋の途中でペダルを休め、欄干からのぞけば、水面を隠す紅葉した木々が目に飛び込んできます。その横をスピードを上げた車が何台も通り過ぎていきました。おそらく車のなかからではその景色は見えません。

Img_3176

そして、ある橋の欄干からの眺めのなかに、赤い吊り橋が架かっているのを見つけました。その少し先の吊り橋まで自転車で行ってみました。地元の方しか使わない橋なのでしょう。狭い吊り橋の途中からは、遠くに滝が見えました。今日一番の景色に、自転車でここまで来られたことに満足する自分がいました。少し右膝も痛み始めたので、今日はこの先にある三島湖まで走り、帰ることに決めました。

Img_3193

三島湖を見届け帰途についたのですが、右膝の痛みが徐々に強くなりました。午後1時過ぎ、遂には自転車を降り、歩きながらウォーカーズのクッキーを2本だけ食べ、昼食としました。いつもよりおいしく、いつもよりありがたい。

乗っては休むことをくり返し、下り坂で距離を稼ぎ、トンネルを抜け、ようやくにぎやかな通りまで出て、最初に見つけた薬局で膝のサポーターを買い求めました。そのときキネシオテープ(ケガの際に用いられるテーピング用の伸縮性のあるテープ)にするか迷ったのですが、この判断はどうやらまちがっていたようです。続けて運動するのであれば、キネシオテープのほうが有効だった気がします。

考えてみれば、冬場は膝の痛みが出やすいのに、僕は準備運動を怠って走りはじめてしまいました。「立ちゴケ」で右膝を打ち、さらに筋肉痛が重なったのでしょう。それにそもそもキネシオテープくらいは持参すべきだったのです。単独走行のため、頼りになるのは自分ひとり。なんとか暗くなるまでに館山へたどり着きたい。そこで地図と相談し、来た道ではなく、距離的には少し遠くなりますが、山間部を避けて東に進んで外房まで出て、海沿いの道でもどる判断をしました。

右膝の痛みに耐えながらほぼ平坦な道を走り続け、ようやく海が見えたときは、思わず「よし!」と小さく声を上げてしまいました。

つづく

Img_3216

|

2016年11月23日 (水)

スピードを落とせば、見えてくるものがある

今日はJリーグのチャンピオンシップの準決勝があったのだけれど、少し前の話を書こうかと思います。自転車に乗って日帰りの旅をしたときのこと。最近始めたTwitter

https://twitter.com/@startsfromhere

ではタイムリーに短く紹介したのですが、書けなかったこともあったので。

まずは先週の16日の夕方、車に自転車を積んで千葉県南房総へ。翌日、館山を基地にして、自転車の日帰りの旅へ出ました。朝早く起きて早めに出発すればよいものを、午前9時にようやくスタート。内陸の山間部の道を進み、養老渓谷を目指しました。

しかし途中、我が家の庭にもある、ひめつるそばの見事な群生を見つけ、ブレーキをかけたところ、自転車用シューズをペダルに装着していたため、足を地面に着けることができず、「立ちゴケ」。初心者にはよくある自損事故。倒れた際、右手のひら、右膝を打ってしまいました。右手はサイクリング用のグローブをしていたため、軽い打撲ですみました。

先を急ごうと走りはじめますが、「あれ?」、通り過ぎたお店の軒先に気になるものが吊されていました。庭に置いたり、飾ったりしたら、面白そうに思えたものです。帰りに寄ろうかと思ったのですが、物事をあとまわしにすると、あまりよい結果は得られません。200メートルくらい行き過ぎてから、思い切って引き返しました。

そこは不思議な雰囲気のお宅でした。お土産屋さんかなにかかと思ったのですが、どうもそうではなさそうです。ツルで編まれた籠、まつぼっくりや木の実を使った飾りもの、民芸品のようなものが、たくさん天井から吊されていたのです。僕の好きな流木のような切り株もいくつか置いてありました。サッシの奥もまた、同じような空間になっており、そこにおじいさんが座って作業をしているのを見つけ、声をかけ、話を伺わせていただきました。

おじいさんの話では、すべて近くの山から採集してきたものから作ったとのことでした。僕はいたく感激し、隣のガレージにもあるという彼の作品も拝見させていただきました。値札などはついておらず、べつに売るつもりで作っているわけではない、とのこと。作り始めてから10年の歳月が経つそうです。実際、気に入ったものを持っていきなさいと言ってくださいました。不思議な仙人のような温厚な方で、すぐに親しくなれました。

残念ながら僕は荷物の積めない自転車のため、おじいさんが選んでくれたハンドルにぶら下げられる作品を頂戴し、再び走りはじめました。

Img_3143_2

そんな寄り道ばかりしているので、なかなか先へは進みません。半ばあきらめ、内陸部から鴨川方面へ進み、急斜面に残された棚田、大山千枚田を目指しました。しかしそこへの坂道が辛かった。けれど里山の風景のなかに広がる棚田には、稲が刈り取られたあとということもあってか、人の姿はほとんどなく、のんびり眺めることができました。

Img_3152_2

走りはじめた僕は、大山千枚田から34号線にもどり、410号線を三島湖方面へ北上しました。

つづく。

|

2016年11月 8日 (火)

幕張総合高校サッカー部 島田洋監督に会いに行く

昨日の夕方、小説「名もなき風たち サッカーボーイズU-16」執筆にあたって、何度も取材をお願いし、快く受けていただいた島田監督に会いに、千葉県立幕張総合高校のグラウンドを訪ねました。

午後5時過ぎ、校舎の窓からの明かりが照らす土のグラウンドでは、すでに練習が始まっていました。サッカー部員のひとりに声をかけ、訪問の件を告げたところ、グラウンドの反対側で練習を見守る島田監督のところまで走って呼びにいってくれました。

通称、幕総は、先週行われた第95回全国高校サッカー選手権大会千葉県大会の決勝トーナメントの2回戦で惜しくも敗れ、ベスト16という結果に終わりました。幕総が見事な先制ゴールを決めたオリプリのスタンドで、僕も試合を観戦していました。

幕総は、過去には準決勝で市立船橋に完封勝利し、決勝では渋谷幕張を倒し、県高校総体初優勝、全国への扉を開きました。また、千葉県高校サッカーリーグ優勝、関東プリンスリーグへの参入戦では、柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府を破り、出場権をつかみ取った輝かしい歴史あるチームでもあります。

ひさしぶりに会った島田監督は、いつもの笑顔で僕を迎えてくれました。忙しいなか、取材をさせていただいたことに対して感謝を伝え、直接かたちとなった新刊を渡すことができて光栄でした。

強豪校ひしめく千葉県高校サッカーのなかで、進学校の県立高校として奮闘を続ける幕総サッカー部、これからも注目していきたいと思っています。島田監督、ありがとうございました!

Img_3043

|

見本が届きました

▼「サッカーボーイズ 卒業 ラストゲーム」(角川つばさ文庫)の見本が届きました。こちらは総ルビ(すべての漢字にふりがながふられた)小中学生版になります。今月11月中旬発売予定です。

Img_3044
以下、出版社紹介文より

「サッカーボーイズ」シリーズ、ついに感動の完結巻!

県大会出場をかけた大事な試合で、右膝にケガを負った遼介。さらに草間監督までもがベンチで倒れ入院してしまう! 遼介たち3年生にとって中学最後の大会となる夏の総体はもう目前!! 彼らにはいったいどんな結末、ラストゲームが待っているのか……? そして遼介と美咲との関係に進展は……!? がむしゃらでただひたむきにサッカーに打ちこむ少年たちの姿を描いた大人気シリーズ、ついに感動の完結巻!

▼文庫版は↓発売中です。

Cov

|

2016年11月 5日 (土)

ロードバイクで走る

昨日は午前中で仕事を終え、昼食後、印旛沼水系のサイクリングロードへ。

今回はヘルメットもしっかり着用。先日ペダルを自分で交換し、はじめて購入した自転車用のシューズを履いて出発。シューズの底に取り付けたクリートと呼ばれるフックを「バチン」とペダルに固定させて走るのですが、このシューズがかなりの威力を発揮してくれます。おかげで、いつもより快適にペダルをこぐことができました。

西印旛沼をひとまわりして、約50キロの走行。風が少しありましたが、人も自転車も少なく、秋空はあくまで広く、とても気分がよかった。またひとつ、地元のよさに気づけた、そんな感じでした。

Img_2927_2

Img_2934_2

Img_2936_2

|

2016年11月 2日 (水)

ひっそりと、はじめてみました

これまでは読んで楽しませてもらっていたのですが、Twitter はじめてみました、ひっそりと。

まだよくわかってないし、あまりつぶやかないかもしれないけど……。

https://twitter.com/@startsfromhere

|

2016年11月 1日 (火)

とりあえず、今日決めたこと

昨日は、U-19日本代表が初めてアジアの頂点に立ってくれました。その瞬間をリアルタイムでテレビ観戦するため起きていたところ、ベッドに入ったのは午前2時半過ぎになってしまいました。もちろんそれでも、史上最強の世代と呼ばれることになる彼らの姿を目に焼き付けることができ、とても幸運でした。

W杯出場を決めたU-16、U-19日本代表、ともに最終予選はほぼ全試合を観戦することができました。近い将来、彼らがJリーグや世界で活躍する姿を観るのが楽しみでなりません。

さて、今日はロードバイク専用のシューズを買いに夕方から家人と出かけました。シューズを見たあと、ひさしぶりに外で食事をしようとお店を探したのですが、なかなか決まりません。次第にお腹も減り、値段もまずまず手頃だったので、何年かぶりに、いわゆる食べ放題のお店に入りました。

テーブルに着くと若いウエイトレスがやって来て、お店のシステムを教えてくれました。食べ放題には、飲み物が付かないとのことで、よくあるドリンクバーをセットで追加注文。すると、アルコールの飲み放題は別料金になるとの説明を受け、そんなに飲まないから生ビールを1杯だけ、これも追加注文しました。最後に、今日は特別メニューとしてローストビーフがあり、オススメであるが、別途料金がかかるとのこと。なんだかんだで、食べ放題は高くつくようです。

結局、それほど食べたくもないものを、小分けプレートに取り集め、がんばる必要もないのに家人と競い合うように口に運び、このところ感じたことがないくらいにお腹がいっぱいになりました。帰宅後、どうにもからだが重いため、風呂に入る前に、ロードバイクで室内にある3点ローラーに乗り、約20分間、約7キロを汗だらけになってペダルをこぎました。しかし体重計に乗って愕然としました。ここ数日、減量していた分がキッチリもどってしまっていたのです。

どうも僕は、体重が減りやすいが、増えやすいようです。ケガをしないためにも、なんとかあと3キロ、できれば7キロ痩せたいと思っているのですが、なかなか実現できそうにありません。

とりあえず、決めました。

少し遅すぎた感もありますが、食べ放題は、今日で最後にします。

Img_2898

猫の3きょうだい、カーペットでねころがる図

|

2016年10月25日 (火)

遠くまで走る

40キロ走った。

Img_2823_2

といっても、ロードバイクに乗ってだけど。

走っているとき、路上に小さな羽虫のかたまりのような群れがいて、1匹、口のなかに入ってきたような気がした。ということは、口を開けて走っている、ということだろうか。鼻呼吸にしたら、鼻のなかに入ってくるのだろうか。それもちょっといやだな……。

とはいえ、やはり遠くまで走れるのは、楽しい。

|

2016年10月23日 (日)

見本が届きました

『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』(角川書店)の見本が届きました。

手に取ると、やっぱり紙の本はいいな、と思いました。

僕が最初に勤めたのは、紙の専門商社ということもあり、紙には少々うるさいところがあります(以前は、紙をつまむようにして鳴らす(これが素人にはまず難しい)と、紙の厚さを言い当てることができました)。多分僕のように、本の仕上がりの紙厚が何ミリになるのか尋ねる作家はそれほど多くないでしょう。さて、そんな僕が手にした本がどうかといえば、カバーの紙、見返しの紙、扉の紙、表紙の紙、そして本文用紙、どれをとっても満足のいくものを使っていただいています。並製とはいうものの、ずっしりと重たくボリューム感もじゅうぶん。指定しなくても、見返しの色はチームカラーになっていました。編集担当のNさん、そして角川書店デザイン室のご担当の方は、僕の要望を汲み取り、また粘り強く応えてくれました。石居摩耶さんの挿画も用紙のおかげで立体感が出ており、とても生きてる感じです。

また、本には帯、いわゆる腰巻きが付くのですが、これが付くと、しまった感じがします。帯のコピーについては、これまで僕のサッカー系小説の単行本では、作品の性格上、プロのサッカー選手に推薦の言葉をいただくことが多く、とても光栄に思っています。『サッカーボーイズ15歳 約束のグラウンド』では、ガンバ大阪、日本代表であった遠藤保仁選手。『サッカーボーイズ卒業 ラストゲーム』では、川崎フロンターレの中村憲剛選手。『スパイクを買いに』では、ゴンさんこと、中山雅史選手に推薦言葉をいただきました。

そして今回、『名もなき風たち サッカーボーイズU-16』では、じつは本書にも登場していただいた、僕の憧れの選手、内田篤人選手に推薦の言葉をいただきました。決まったと連絡をいただいたときは、びっくりしました。とてもうれしく思っています。

そんなわけで、とても気に入った本に仕上がりました。

S
Img_2816
Img_2815
店頭に並ぶのは、10月下旬、おそらく28日以降になるかと思います。

|

«休耕地に咲く